子連れヨーロッパ ドイツ編

ヨーロッパを子連れで廻る!どの国のどんなところが難しい?
HOMESOCCER観光ひとりごとレストラン&カフェ季節の花フォトプチホテル・B&Bふぁいるテーマ別至福の旅BBSPROFILELINK
ヨーロッパ旅行記




 子連れヨーロッパ - ドイツ編

ドイツに出かけたのは、子供が2歳、3歳、4歳の時の夏。その他、冬、クリスマス・マーケットにも出かけています。ドイツは子供にとってはやさしい国、ということで どうも行き先がドイツに向いてしまうのです。




 ドイツ (Germany)

ホテル事情
ドイツのホテル事情は、子連れにとって天国のような感じ。子供連れはNGと言われることは、ほとんどない。
6歳未満は無料…と料金の上乗せがないところも多く、余計な出費がないのもうれしい限り。

 海外ホテル予約の注意点
 ドイツのお勧めプチホテル情報

交通機関事情
交通機関も子連れにやさしい。各駅もモダンで、エレベータ設置率も非常に高い。
6歳未満はいかなる場合も無料、15歳未満も親(または祖父母)と同伴の場合は無料、とこれまた驚異の
料金設定(指定シートの予約手数料は一律3ユーロかかります)。
子供が電車に乗っている確率も高く、同じくらいの年の子供を見つけて、交わりを持たせるのも良い思い出になるかも。
バイエルン地方を電車で廻る家族は、一日5名まで一律30ユーロ弱というお得なバイエルン・チケットもある。
レストラン・食事事情
レストランは普通に早い時間からオープンしているし、気軽に入れるレストランが多いのもうれしい。
子供メニューを置いているところもあるので、便利だけど、メニューが…チップス(やポテト)と
ソーセージばかりなのが少し…。贅沢は言えないけれど。
ミュージアムなど公共施設
子連れは、かなり厳しい(特にベルリン)!!ドイツ人が規則に厳格なためか(ベルリンの場合は
元東欧ということがあるのか?)、あちこちで何度も何度も注意された。
お城・ミュージアム内では、飴もあげちゃダメetc.、子供のご機嫌を取るのが難しかったりするので、
子供にとって難しいスケジュールばかり立てると、せっかくの旅行が台無し、ということにもなりかねないので
その点を大いに注意してスケジュールを立てるとよい。
人々
街には赤ちゃんも多く、子連れでお店に入ると、お菓子がもらえたり…皆、子供にやさしい。
トイレ事情
都市では、トイレはレストラン、カフェ、またはデパートで行くことが可能。レストランも
赤ちゃんのおむつ交換スペースを設けているところが多い。田舎に行くと、普通に街中にトイレがあって
無料で入れることもある。
その他・特筆事項
ドイツはアイスの国!!!どの街にもアイスクリームショップが溢れている。
普通のカップアイスから、大きいパフェまで…子供にとっては、魅力的なのは確実。
我が家では、ドイツのことを「アイスの国」と呼んでいる。是非、アイス・カフェに行く時間を
捻出して、子供を喜ばせてあげましょう。
旅行記




Copyright (C) そらのおらんだ通信
All Rights Reserved.


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO