子連れヨーロッパ ベルギー編

ヨーロッパを子連れで廻る!どの国のどんなところが難しい?
HOMESOCCER観光ひとりごとレストラン&カフェ季節の花フォトプチホテル・B&Bふぁいるテーマ別至福の旅BBSPROFILELINK
ヨーロッパ旅行記




 子連れヨーロッパ - ベルギー編

ベルギーは、私の住んでいる街から電車で1時間ほどで行けるので、1年に一度くらいは出かけます。近所…とはいえ、子連れ事情はやはりオランダとは少し 違います。




 ベルギー (Belgium)

ホテル事情
子連れだからといって、予約できない…などの問題は特にナシ。
観光地ブルージュなどは、ベビーベッド代も10ユーロ〜15ユーロくらいの支払いが発生するが、
通常のホテルは、子供料金は無料の場合が多い。

 海外ホテル予約の注意点
 ベルギーのお勧めホテル情報

交通機関事情
親と同伴の場合は、12歳以下は無料である(9時以降の乗車)。ただし、ドイツと違い、タリスやユーロスター
は特別乗車賃がかかるので、注意が必要。根本的な問題は、ベルギーの列車は、ストも多く、発車時刻も
オランダ、ドイツなどに比べて正確さに欠けるということ。ホームの変更etc.もよく行われるので、
乗り換えに時間のかかる子連れは、特に注意が必要である。エレベータの設置率も悪く不便である。
レストラン・食事事情
どこのレストランに入っても大抵美味しい、というのがこの国の利点である。
フレンチ・ビストロはフルコース(3、4品)で、3〜4時間くらいかかるので、子連れには不向き。
ブラッセリーであれば、子供メニューも用意してくれるし、1品からのオーダーでOKなので、
気軽に入れる。
ミュージアムなど公共施設
子供だから、と厳しく敵対視されることはない。子供料金はタダのことが多く、金銭的にフレンドリー。
人々
特に子供に声をかけてくれる、と言うワケでもない。至って普通。
その他・特筆事項
ブルージュやブリュッセルは、中世の雰囲気があってステキだけれども、石畳の道は、バギーには相当衝撃が
ある、ということを念頭に置いてほしい。どこまでいってもガタガタで、子供がムチ打ちにでもなるのでは…
と思うくらい、衝撃がある。ずっと押している方も辛い。また、ブリュッセルは無意味に階段も多く、
バギーを抱えて、上がったり下がったり…というのもかなり辛い。小さな赤ちゃんであれば、思い切って
抱っこひもで行く、というのも手。
旅行記




Copyright (C) そらのおらんだ通信
All Rights Reserved.


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO