子連れヨーロッパ イギリス編

ヨーロッパを子連れで廻る!どの国のどんなところが難しい?
HOMESOCCER観光ひとりごとレストラン&カフェ季節の花フォトプチホテル・B&Bふぁいるテーマ別至福の旅BBSPROFILELINK
ヨーロッパ旅行記




 子連れヨーロッパ - イギリス編

イギリスが好きで、子供が生まれてから1歳ちょうど、1歳半のときにイギリスに行きました。何しろ赤ちゃん連れOKで、自分好みの宿を探すのが 一苦労で…。今、足が向かないのも、どうもそういう事情があるのかも(苦笑)。好きなんですけどねぇ、イギリス。




 イギリス (Great Britain)

ホテル事情
イギリスのホテル事情は…子連れにとっては非常に厳しいものがある。B&Bなどは多くが子連れNGとなっており
子連れOKのところを探すのが、まず大変。普通のホテルも、2歳以上から半額を払うなど…金銭的に厳しい。
結局、ラクに予約できるのは、チェーン・ホテルということになる。イギリスで、子連れ家族に有名な
チェーン・ホテルは「Premier Inn」、ということになっている。ファミリー・ホテル、ということらしい。
(ウルサイ)子連れでも安心して泊まりたい、という場合、ここを探すとよい。
イギリス各地どこにでもある。部屋はどこも同じデザイン。ロンドンでも相当なスペースを確保できる。

 海外ホテル予約の注意点
 イギリスのお勧めプチホテル情報

交通機関事情
ロンドンの地下鉄事情 - 古い地下鉄が多いので、仕方がないけれど、エレベータがないところも多く、
バギー持ちの子連れは辛いです。新しい地下鉄にはエレベータはついているのですが。
5歳以下のキップ代が無料。
レストラン・食事事情
元来「外のレストランでご飯を食べるときは、子供はベビーシッターに預けて…」という国なので、
どのレストランも子供に寛大、と言うワケではない。ロンドンなど観光のメッカは、観光客向けの
カジュアルレストランも多数あるので、そういうところに入るのが無難。
ただし、小さいお店だと、うるさい子供、食べ終わると歩きまわってしまうような子供が一緒だと、
従業員・他のお客に迷惑がかかることがあるので、落ち着いてご飯を食べるのがどうしても難しく
なってしまう。スペースにゆとりのあるレストランを見つけるのも一考。
地方の場合は、「パブ・レストラン」がけっこうフレンドリー。パブ〜〜?!と思われる方もいる
かもしれないが、ご飯を出してくれるところは、テーブル席とカウンター席が分かれており、
いろんな人が出入りしている。何しろざわめいているので、子供が多少騒いでもOK。利用価値はある、
ミュージアムなど公共施設
ロンドンのミュージアムは、入場無料なところも多く、子供がグズったら、いったん外に出て気分転換が
できるとい点は…とてもうれしい。以前出かけたV&A博物館では、中庭が完全に「子供広場」となっている、など
子供NGという雰囲気はない。
人々
イギリス人紳士は子供にクールかと思いきや、意外と皆、親切。
その他・特筆事項
イギリスは、子連れにはやさしくない国、と言われていますが、その通り???
特筆すべき事項もナシ。
旅行記




Copyright (C) そらのおらんだ通信
All Rights Reserved.


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO