子連れヨーロッパ ベルギー編

ヨーロッパを子連れで廻る!どの国のどんなところが難しい?
HOMESOCCER観光ひとりごとレストラン&カフェ季節の花フォトプチホテル・B&Bふぁいるテーマ別至福の旅BBSPROFILELINK
ヨーロッパ旅行記



 子連れヨーロッパ - 留意点

子供を連れてヨーロッパへ行こう!と考える人は、きっと元々ヨーロッパが好きな人たちなんだろうと思います。 そうじゃなきゃ、高いお金をかけて、わざわざ遠いヨーロッパまで足を伸ばそう、なんて思わないですものね。 もうよく知っているヨーロッパだから…、と子連れでも、同じ調子で出かけたら…トンデモナイことになった〜!! 、、、という可能性もあります。どうぞ子供連れで注意したい点を考えて、旅行のスケジュールを立てて 下さいね!




 子供連れヨーロッパ旅行留意点

スケジュール
旅行の成功を左右するのはスケジュール!!といっても過言ではありません。子連れ旅行は、
無理が効かないのでスケジュール日程には細心の注意を払う必要があります。

時差に要注意!!
子供は疲れると…泣いたり、愚図ったり…。大変なことになります。時差は想像以上に子供には
辛い、、、。「愚図っている子供をなだめていたらスリにやられた」なんてことにもなりかねません
ので、疲れる夕方はホテルで過ごすetc.余裕を持ったスケジュールが必要です。
愚図る子供はヨーロッパではとても目立ちます!!!(あまりそういう子供に遭遇しないのは何故?)
絶対に無理をしない、を肝に銘じてスケジュールを立てましょう。

大移動は疲れる!
どうも日本人は短い期間にあれも、これも!と思うらしく、欲張って大移動の計画を立てることが
多いようです。。。が、大移動は、子供も大人も疲れます。これは、車だろうと、電車だろうと、
同じです。思い切って、一箇所滞在にする、くらいのスケジュールを組むと親も子供も余裕がでます。
あまりホテルを変わりすぎるのも考えもの。大きな荷物を持って、ホテルを探すのは大変な労力です。
同じ場所に宿泊すれば、慣れてきて余裕が生まれてきます。そうするとそのホテルに愛着も出てきます。
子供も同じで、そこに帰れば緊張が解ける、といった風に余裕が出てくるので、なるべく連泊、
できればずっと連泊を心がけてスケジュールしてみましょう。
ホテル事情
国によってまちまち…ですが、子供連れだからといって宿泊できない!!という問題はありません。
ヨーロッパのホテルは、一部屋2名○○ユーロという勘定で、子供が追加の場合は、追加料金が必要
となるか、または小さい子供は無料のこともあります。パリ、ロンドンなどの大都市は、部屋が小さく
追加ベッドを部屋に入れられない場合もあります。ベッドが追加できる場合でも、1名のみで、
2名以上の追加は難しい場合が多いです。子供連れの家族が利用しやすいのは、チェーン・ホテル
です。たとえばヨーロッパの各地にあるNovotel(ノボテル)は子供料金が15歳以下無料で、
部屋が広いことで有名です。

こちらのページもご参照ください。  海外ホテル予約の注意点

交通機関事情
こちらも国によってまちまち…。旅行をするモノにとって、このまちまちは面倒くさい!の一言です。
しかし、しかし。子供料金は、安かったりタダだったりすることが多いので、是非その国の子供料金
事情を調べてみてください。実は…ドイツのジャーマンレイルパス子供パスはお金をドブに捨てるような
もの?!っていう事実が分かってきたりします。
レストラン・食事事情
小さい子連れでは…高級フレンチや高級ビストロに入らないほうが無難、です。
ともかく時間がかかって(3時間は見ておいた方がよい)、子供がじっとしていない可能性が大です。
そこに来る人たちは、贅沢な時間を求めてやってきているので、現地の子供はいません。
また、時差があると、どうしても夕方の夕食時に愚図る可能性が高くなってきます。そういうとき、
思い切ってホテルのルーム・サービスを取る、またはホテルのレストランでささっとご飯が
食べられると、子供の負担になりません。
ミュージアムなど公共施設
場所によっては、子供=危険な人物、といったように扱われることもあり、注意が必要です。
また、子供も古くて暗いヨーロッパの歴史ある博物館に入りたがらなかったり、もう嫌だ〜、と駄々を
こねたりする可能性もあります。あまりミュージアム中心のスケジュールを立てると…、
子供の面倒をみるのに必死で、残ったのは疲れだけ…なんてことになる可能性もあります。
(我が家もけっこう失敗アリ、です)
トイレ事情
ヨーロッパで何が困るか…ていうと、トイレです。街中にトイレがある日本から来ると、本当に不便と
感じるハズです。ヨーロッパでトイレにいけるのは、レストランやカフェ、ミュージアム、駅、そして
(多くの)デパートです。駅もデパートもお金がかかります。レストランやカフェにいったら、
必ずトイレに行くように心がけることが大事です。オムツをしている赤ちゃんならば、いざとなれば
公園の人目のつかないところで、ぱぱっとオムツを交換してもよいかもしれません(我が家はよく
やりました…)。しかし、パンツ・トレーニング中の子供は、ちょっと厳しいです!!!トレーニング中は
旅行にいかないほうがいいくらいです。こちらに住んでいるママさんの間で、旅行でオムツに逆戻り、、、
なんてボヤキをよく耳にします。またトイレのことばかり気にしていると、観光に身が入らないことも
あり得ます。




Copyright (C) そらのおらんだ通信
All Rights Reserved.


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO