オランダ旅行 - お勧めコース

お勧めオランダ周遊コースをいくつかご紹介いたします。
HOMESOCCERひとりごと季節の花フォトレストラン&カフェプチホテル・B&Bふぁいるテーマ別至福の旅近隣国紀行BBSPROFILELINK
デンハーグ・デルフト
キンデルダイクとロッテルダム
オランダ観光トップ




 オランダ・フェルメールの世界 〜 デンハーグとデルフト

 所要時間
終日(朝8時頃から夕方もしくは夜まで)
 出発地
アムステルダム
 観光時期
通年だが日が長いほうがベター
 見どころ
デンハーグのマウリッツハウスで有名な「青いターバンの少女」
そして、「デルフトの眺望」を中心とした絵画を楽しむ。
女王の住む気品高い街デンハーグを散策した後、フェルメールが
住んだというデルフトへ。カリヨンの音、石畳の町並み…と
フェルメールの世界が広がるデルフトを散策する一日。
 注意点
美術館の休館日
切符は窓口でDen haag中央駅経由Delft往復で購入
 参考WEB

 モデルコース・イメージ

 電車の時間はすべて2006年2月現在。必ずご自身で最新版を確認してください!

アムステルダム中央駅8時44分発のsneltrein電車に乗ってデンハーグ中央駅へ(9時33分着)。電車を降り、 お目当てのマウリッツハウスへと向かう。10分程の道のり。入り口は横から…。さてさて。貴族の館のような マウリッツハウスは、こじんまりしているがどの絵画もオランダを代表する名作ばかり。レンブラント、ヤンステーンなど オランダ17世紀の代表作を見つつ、フェルメールの 有名な有名な絵「青いターバンの少女」そして「デルフトの眺望」を堪能。やっぱホンモノは違う!!

マウリッツハウス


絵画を楽しんだ後は、横から続くビネンホフ、そしてショッピングストリートへ向かう。最近、改良中だという パッサージュ付近で昼食。少しお店をぶらぶら見た後、再び中央駅に戻る。

パッサージュ内の本屋さん


14時20分発のインターシティーに乗って デルフトへ。12分で到着。駅広場から道路を渡り、狭い道をくぐりぬけると…運河の向こうに旧教会が 見える。とっても絵になる風景。運河沿いに立つ家もどれも重厚な雰囲気でステキ。旧教会のたもとにはプリンセンホフ 博物館があり…時間があったら、入っても良いかも。

旧教会とプリンセンホフ博物館


ショッピング・ぶらぶら歩きを楽しみたい。。。という人は そのままマルクトへ。広い広場には新教会、そして市庁舎がある。新教会は高い塔を上がることもできるので、 入場して階段をくるくる、高い塔から遠くの風景を眺めるのもよし。雰囲気のよいカフェを見つけて、 一休みするもよし。いくつかデルフト焼のお店が並んでいるので、 ショッピングを楽しむのも良し。街をぶらぶら歩くと、雰囲気のよい古いストリートがあったりする。もしかして フェルメールもここを通り抜けたのかな。そんな風に考えるとぶらぶら歩きも楽しい。

デルフトの広場


お店が閉まりだす6時。そろそろレストランを探そう。色んなレストランがあるから、どれにしようかなあ。。。 ちょっとリッチにフレンチ…という方は旧教会のたもとにあるLe Vieu Jeanへ。日替わり ディナー(3皿)が31.50ユーロから。とってもステキな笑顔のマダムに出会って心もお腹もリラックス。 ワインも飲んで、ほろ酔い加減…。

さて。そうはいってもアムステルダムまで帰らなくては…。夏の間、外はまだまだ明るいのでついつい 遅くまで行動しがちだけど…もう夜9時も回ってしまった。21時28分のsneltreinに乗ってアムステルダムへ。 10時半、アムステルダム到着…。ホテルへ向かう。




Copyright (C) そらのおらんだ通信
All Rights Reserved.
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送