オランダ観光

そらが訪ねたところを中心にオランダをご紹介します。
HOMEオランダ観光レストラン&カフェプチホテル・B&Bふぁいる旅-ヨーロッパPROFILECONTACTLINK

 ライデン (Leiden) - ポイント

広い運河に囲まれた街−ライデン。
オランダ最古の大学、ライデン大学(1575)があるこの街はアカデミックな雰囲気が 漂う。運河沿いにはリッチで歴史を感じさせる美しい古い建物が立ち並び見て歩くのは楽しい。 また、ライデンは日本に馴染みの深いシーボルトの住んだ街としても有名で、現在も日本に縁のあるものが あちこちに見られます。

 そらのライデンぶらぶら散策記は 1.ライデン散策 および 2.主婦のぐーたら休暇 でどうぞ(ブログに飛びます)。


 ライデンどう歩く?

ライデンはスキポール空港からも近く、ライデン駅から簡単に歩いて街を見て回ることができるので、たとえばスキポールでの待ち時間が異様に長い、、、というような 方がちょこっとライデンを散策するのもお薦めです。駅のすぐ近くに大きな風車もあり、風車博物館になっています。何気にスキポール空港から一番簡単に訪れることができる 風車と言えるかもしれません。駅の近くにあるvvv(観光局)で地図を貰って、重厚な街並みを歩くのもお薦め!!



 ちょこっと歴史 - Leidens Ontzet (ライデンの救済) 

16世紀に2度に渡ってスペインに占領されたライデン。1574年10月3日はスペインが撤退した日で、ライデンにとって 記念すべき日。400年以上経った今も、10月3日には伝統的なパレード&ニシンと白パンを食べるお祭り Leidens Ontzet が続いています。

1573年の末から翌年3月、そして一ヵ月後に再びスペイン軍によって占領されたライデンは運河に囲まれた都市のため、 完全に陸の孤島となり、そこに住む人はスペイン軍の捕虜となってしまいました。その結果ライデン市民の半分は 飢饉やペストで亡くなり、残った人々も空腹と悲惨な現実に疲れきっていたのです。人々はこの惨状を何とかしてもらおうと 市長を訪れました。それらの人々に対し、市長は「もし空腹で耐えられない、というのなら私を食べなさい!」 と人々に告げたのです。この言葉に感銘した人々は、大変勇気づけられ、スペイン軍に対し、立ち向かうことを決意したのでした。

その後、ウィレムI世を隊長とするオランダ軍はライデンの町を囲うダイク(土手)を壊して、周りの地を海の下に沈めるよう 命令します。オランダ船が海となった地から入り込み、占領されているライデンを取り返そうという作戦を実行するために。 人々はこの無謀とも言える計画に従い、ダイクを自らの手で壊し、周りの地を沈め、見事10月3日にスペイン軍を追い出し、 ライデンを取り返すことに成功したのです。スペイン軍が去った後、食料難で飢えた人々は、白パンとニシンを食べて、飢えをしのいだそうです。そのことから、現在も 10月3日のお祭りの日には、白パンとニシンを食べて祝うようになったといいます。

この話は、まさに自分の土地を守るため、水と、そして外部の敵と戦い続けてきた辛抱強いオランダ人を象徴するような 話だと思わずにはいられません。


 ライデンのホテル

スキポール空港からもほど近く、アムステルダムよりも落ち着いた雰囲気が漂う街なので、この町で一泊する、という手もあります。

ライデン・ホテル検索

値段と地図を合わせ見ながら調べると便利です。写真もたくさんついているのでイメージが沸きやすいかと思います。

「そらのプチホテル・B&Bファイルのオランダ編」にて ライデンのお薦めB&Bやプチホテルをご紹介していますのでそちらもご参考ください。


 ライデンのみどころ・ミュージアム

 Naturalis (国立自然史博物館)

一万点以上におよぶ世界各地の動物の剥製、化石、恐竜の骨、石などが展示されている自然史博物館。地球に存在する(した)生き物で、 まだまだ自分が知らないものはたくさん存在するのだな、と改めて地球の偉大さ、不思議さを体感する空間です。展示方法も魅力的で、 時にはゲームや対話方式も用いられていて、子供も大人も楽しめる空間です。英語の説明もかなりあります。ミュージアムショップには 動物に関する本もたくさん販売されています。

Naturalis
Darwinweg 2, Leiden
tel: +31(0)71 568 7600
開館時間: 月曜休館 その他10時‐18時

 そらのおらんだ通信ひとりごと(ブログ)でも、Naturalisを訪れたときの様子をお伝えしています。

ひとりライデン - Naturalis

空間に溢れる動物たち




 SieboldHuis (シーボルト・ハウス)

日本でもおなじみのシーボルトが日本からオランダに帰国した後住んだ家が、現在シーボルトハウスとしてOPENしています。 彼は国の情報を出来る限り収集するという任務を負い、オランダ政庁の医師として、鎖国時にあった日本に派遣されました(つまり 公式スパイのようなものともいえる?実際に国禁の地図を持ち出そうとしたため、捕えられています)。日本では植物から実用品、美術品、地図など多岐にわたる事物を収集し、オランダに持ち帰りました。 現在このハウスでは、これらの品々が展示されています。

SieboldHuis
Rapenburg 19
tel: +31(0)71 512 5539
開館時間: 月曜休館 その他10時‐17時


 Rijksmuseum voor Volkenkunde (国立民族博物館)

駅から歩いてすぐ(VVV観光案内所からは橋を渡ってすぐ)のところに位置する民族博物館。入るなり、館員の 方がご丁寧に日本語で案内してくれてびっくりしました。日本人観光客の方がとても多いのでしょう。 さて、この博物館では民俗学に関する世界中のコレクションが展示されています。インドネシアから始まり、 ニューギニア、中国、韓国、日本、シベリア・グリーンランドなどの北極圏に住む人たちからネイティブ アメリカン、メキシコ、南アメリカ、アフリカ、アジア〜と、順路に従って地球を一周できる仕組みになっています。 一つ一つのコレクションについて、コンピュータのパネルが詳しく説明する仕組みになっており、「これは 何だろう」と疑問に持ったらパネルをタッチして確認することができます。

さて、日本のコレクションは江戸時代に人々が使用していたもの:なたやのこぎりといった丁稚細工や背の高い枕、おぼんなどが 展示されています。中にはあっと驚く版画:(こちらではエロチックプリントと訳された)春画と呼ばれるものも 展示されていて、びっくりしてしまいます。


駅から一番近い博物館

Rijksmuseum voor Volkenkunde
Steenstraat 1
tel: +31(0)71 516 8800
開館時間: 月曜休館 その他10時‐17時


 Hortus botanicus Leiden (ライデン大学付属植物園)

この植物園はオランダ最古の植物園として4世紀に渡ってあらゆる地域の植物を栽培し研究してきました。中には シーボルトが日本から持ち帰った様々な樹木、草花があり、現在も13種15本の植物がこの植物園に 生息している、というから驚きです。それらはツタ、フジ、ケヤキ、もみじ、桑、アケビなどで、 どれもここでの植樹年は150年(以上)です。日本で見られるアケビやケヤキと比べてもびっくりするほど 大きく、すくすく育っているのが分かります。

植物園の温室

Hortus botanicus Leiden
Rapenburg 73
tel: +31(0)71 527 7249
開館時間: 夏季 毎日10時‐18時 冬季 土曜日休館 その他10時‐16時



  ライデン(Leiden) - ショッピング

この街はオランダでも有数のライデン大学がある街ということが関連しているのか、アンティークや古書関係のお店がいくつもあります。 おしゃれな家具を扱うアート系のお店もあります。旧市街はかなりくねくねと曲がりくねっており、お店はひっそりと奥まったところにある場合が 多いので、前もって地図を用意して、できるだけ小道・裏通りを歩いてみることをお薦めします。意外なところに意外なお店が…! それがこの街を歩く楽しみでもあります。


こんなところあったっけ…?来るたびに発見もアリ!


  ライデンのレストラン・カフェ

ライデンの街はデルフトに比べると大きく、レストランもあちこちに広がってますが、見つけるのに困難というわけではありません。 駅の近くには比較的レストランが多く集まっています。


 Cafe de Bonte Koe - ビール・バー

こんなところにこんなお店が…!という奥まった地にある地元のバー。歴史は120年にものぼり、間違いなくオランダを代表するビール・バーのひとつ。100年も変わっていないタイルが歴史を感じさせます。ここならではのビールやワインもあるので、お酒が好きの方は是非。

こんな奥まったところに…!知る人ぞ知る名店

レストランのサイト: Cafe Bonte Koe
住所: hooglandsekerkkoorsteeg 13, 2312KK Leiden


 Brasserie de Engelenbak - ブラッセリー料理

教会のたもとにあるカフェ・レストラン。変化が激しい業界で20年近くここに立っています。ご飯を食べたり、ゆっくりコーヒーを飲んだり…。 11時半から24時まで、いつでも空いている(日曜日は休業)のがうれしい。

素朴な雰囲気の中、のんびりと

レストランのサイト: Brasserie De Engelenbak
住所: Lange Mare 38, 2312 GR Leiden


 Bagels & Beans (ベーグルス&ビーンズ)- カフェ

V&Dデパートの隣に建つカフェ。気軽に入れる明るい雰囲気で、ベーグルはたくさんの種類から選ぶことができる。 また、すべて持ち帰りも可能。美味しい生ジュースやデザートもあり、ゆっくり本を読んだり、おしゃべりしたいときに 便利。今やたくさんの街にあるチェーン店となっている。

カフェのサイト:Bagels & Beans
住所: Maarsmansteeg 8 Leiden


 その他オランダで人気の観光地


ロッテルダム

近代的でエネルギッシュな街

エンクハウゼン

17世紀の栄光と美しいヨットハーバーを持つ町

オランダ街歩き

ご紹介している街リストを見る

 お薦めのコンテンツ


とっておきのヨーロッパ

ガイドブックとは一味違うとっておきヨーロッパ

プチホテル・B&Bふぁいる

ヨーロッパ各地のお勧めプチホテル、B&Bを少しずつご紹介中

オランダ在住が決まったら

オランダに赴任が決まった方に


Copyright (C) そらのおらんだ通信
All Rights Reserved.




SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO