オランダ観光

そらが訪ねたところを中心にオランダをご紹介します。
HOMEオランダ観光レストラン&カフェプチホテル・B&Bふぁいる旅-ヨーロッパBBSPROFILECONTACTLINK
アーネム




 Arnhem (アーネム) 

ドイツとの国境すぐのところに位置する町アーネム。ライン川が流れ、北にフェルウェ国立公園があるこの町は、緑が多い町として知られている。 しかし、この町の名前を有名にしているのは、なんといっても第二次世界大戦のドイツ軍・イギリス軍との戦い。1944年の9月17日にこの町と ライン川にかかるジョン・フロスト橋の占領を命じられたイギリス軍は、パラシュートでこの町に降下した。橋を爆破しようとするドイツ軍、 爆破させまいとするイギリス軍の間で壮絶な戦いがあったが、けっきょくイギリス軍の後援が続かず、多数の死者・捕虜を出すことになった。 この戦いのため、この町のオランダ人は別の地に疎開せねばならず、廃墟となった我が家に戻ることができたのは、戦争終了後となった。 現在もアーネムでは、毎年9月17日、多数の退官軍人を(イギリス、カナダなどから)招いて、パラシュート降下をはじめとする記念行事が行われている。

ジョン・フロスト橋

 そらのアーネム週末旅行記は下記(ブログ)で詳しくお伝えしています。

週末旅行その1 - アーネム (屋外博物館)
週末旅行その2 - アーネムのボートハウスB&B
週末旅行その3 - Burgers' Zoo (Burgers 動物園)
週末旅行その4 - ローゼンダール城


 Airborne Museum (空挺博物館)

開館時間: 毎日(正月・クリスマスを除く)

マーケット・ガーデン大作戦と名付けられた第二次大戦中の有名なアーネムの戦いを紹介するミュージアム。白い美しい建物は、アーネムの戦い中、連合軍側の 総司令部となった建物。このミュージアムがあるアーネムの郊外「オーストビーク」という町は、美しい邸宅が並ぶ高級住宅街といった感じで、当時の 作戦がいったいどんなものだったのか?想像できないほどに、のどかで静かなところにある。

連合軍の総司令部だった建物

すべての説明は、英語・オランダ語・ドイツ語の3ヶ国語で説明されており、私たちが訪れた時は、たくさんの英国人と思われる人々がいた。 地下には、圧巻の「アーネムの戦い」を体感する(遊園地のような)空間があって、男の子たちが何回も行き来していた (小さいうちの子は、音を聞いただけで大泣きだった)。

ある写真

そこら中で、死がごろごろとしている世の中。明日は自分も死ぬかもしれない。そんな中で撮られた写真にも、笑顔があるのに驚いた。 明日は死ぬかもしれない、そう思ったからこそ、今日を必死に生き抜いたのだろうか。

ドイツ側のオランダの新聞

この博物館の展示は、連合軍側から見たアーネムの戦いだけではなく、ドイツ側から見たアーネムの戦いについても展示されている。 上の写真は、ナチス・ドイツ側のオランダの新聞で、「敵(連合軍)が来るので、住民は注意せねばならない」と警戒している。


空挺博物館のWEBサイト: www.airbornemuseum.org



 Burgers' Zoo (Burgers 動物園)

開館時間: 毎日

オランダを代表する動物園の一つ。見どころは多数あり、展望台から眺める広々としたサファリ、熱帯雨林エリアのブッシュ、そしてオーシャン・エリア… と、動物を楽しむと同時にエンターテインメントを楽しむ、という感じ。見せ方がとにかくうまい!!と感心しました。子供も大人も一緒に 楽しめること請け合いです。4歳未満は無料、というのもうれしい限り。

オーシャンエリアの魚たち


burgers 動物園のWEBサイト: www.burgerszoo.nl



 Nederlands Openlucht Museum (オランダ屋外博物館)

開館時間: 4月1日から11月1日まで。それ以外のシーズンは、12月-1月にウィンターシーズンとしてOPEN、または11月から12月までは公園としてOPEN。

オランダ各地で使われなくなった家・農家・トラム・駅・教会・学校などを移築して、博物館として一般に開放しているのが、ここオランダ屋外博物館です。 日本でいうと「明治村」のようなものです。6つの駅を持つトラム路線でぐるっと囲まれた広い敷地には、本当にたくさんの建物が立っています。 ほとんどの建物が、移築される以前の状態のまま、一般に公開されています。今でもあちこちで見かける大きな農家の中は、実はこうなっているんだ…とか、 昔の人はこんな風に洗濯したんだ、とか、こんな暮らしをしていたんだ、とか、、、オランダの昔を学ぶことができます。 チーズ工場もあって、チーズができる工程を学んだり、実際にできたてのチーズを購入することだって可能です。

ミュージアムショップもノスタルジック

昔ながらのオランダ風景があちこちで眺められ、ノスタルジックな気分になります。「昔のものは美しい」…イギリスのナショナルトラストのように、 ここで、昔のものに囲まれていると、なぜか心が和みます。

まるでフェルメールの絵の世界…。


お手本にしたいシンプルで美しい部屋

子供も遊べる広場や、子供動物園もあって、大人だけでなく、子供も楽しめる、ファミリーにはお勧めのスポットです。


オランダ屋外博物館のWEBサイト: www.openluchtmuseum.nl





Copyright (C) そらのおらんだ通信
All Rights Reserved.
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO