オランダのランチメニューを解読!

オランダのカフェでよくあるメニューを日本語で丁寧に解読します。
HOMESOCCER観光季節の花フォトプチホテル・B&Bふぁいるテーマ別至福の旅近隣国紀行BBSPROFILELINK
お勧めレストラン
ミシュランレストラン
行ってみたいレストラン
ランチメニュー解読
オランダの食べ物
オランダ観光トップ



 はじめに

オランダのランチメニューはどこに行っても似たり寄ったり。つまり…いくつかのメニューパターンを覚えてしまえば、どんなものが 出てくるのかお見通しってワケ。そんな訳で、旅行者はもちろん、右も左も分からないオランダに来たばっかりの駐在員などの皆様、 オランダにはずいぶん長くいるけどオランダ語はよく分からない皆様にお送りする「決定版!オランダのランチメニュー解読!」。 是非、プリントアウトしてお出かけください!!

…って、大きく出たけど、どんな感じになるかしら(苦笑)。そのうち写真も集めてアップしたいと思います。

そらのおらんだ通信管理人

 スナック系

オランダでとても人気があり、多くのレストラン・カフェで見られる部類。スナック、とは、揚げ物類を指し、毎日食べると体に悪そうだが、 コロッケ、ハンバーグ、春巻などが普及している日本人にとっては馴染みのある味のものが多い。

 Patat または Friet (フレンチフライ)

オランダ、そして隣国ベルギーではどこにいってもいわゆるフレンチフライが大人気。スナック系の何かを頼むとフライドフライが付け合せ についてくることが多く、フレンチフライだけで食べる、または付け合せで食べるetc.食べる機会がやたら多い。よく「xxx met Friet」とか 「Patat met xxxx」と書いてあるが、その場合は付け合わせがフレンチフライだ、ということ。

 Gehaktbal(肉団子)

Balはボール、Gehaktとはミンチ肉、つまり日本で言うと肉団子を意味する。味は日本の肉団子のように葱が入っているわけではなく、 どちらかというとハンバーグのような感じ。ソースがかかっていることもあるが、大抵日本人の口には良く合う。4ユーロ、またはそれ以上 のお値段の場合は、ごろごろ何個も肉団子が付いてくる可能性があるが、大抵の場合は大きい肉団子が1個、または2個といった場合が 多い。

 Frikandel(フリカンデル)

フリカンデルとは…日本人がその味を試して、例えてみるならば「コロッケとハンバーグを混ぜたようなもの」。日本にはないビミョー な味だが、慣れてみるとけっこう美味しく、オランダの近隣国(ドイツやフランス)に住む日本人は、「オランダに来るとこれが ムショウに食べたくって…」という人もいるくらい。是非試してみたいオランダのスナックの一つ。

 Kroket(コロッケ)

私の大好きなメニューの一つ。たまにムショウ〜に食べたくなってしまいます…。日本のコロッケはオランダから伝わったものだとか…? 日本のコロッケはミンチ肉とジャガイモが混ざっているものが普通のコロッケという定義だが、こちらのコロッケはちょっぴしクリーム系(でも日本のクリームコロッケ ともちょっと違う)。メニューにKroket met Broodjes (コロッケとパン)と書いてある場合はパンが付け合せに出てくるので、いわゆる コロッケパンとして食べるのが普通。このメニューもオランダの近隣国に住む日本人(およびその他欧州人など)に大人気で、 会社のお昼のランチメニューをオーダーする際、「コロッケは必ず頼んでね」と密かに(?)指定してくる隣国日本人駐在員・隣国外国人多数。

 Hamburger met Friet(ハンバーガーとフレンチフライ)

これは解説するまでもなく、その名のとおりハンバーガー(パンとハンバーグ)とフレンチフライのセット。

 Kipburger(鶏肉バーガー)

Kip(鶏肉)バーガーはオランダではとてもメジャーなバーガーで、マクドナルドなどでもオーダーすることができる。パンに衣をつけて 揚げてある鶏肉が挟んであって、これまたけっこうイケる(実はこれを書いている本日、このメニューを食べてきたところ。でも写真を撮るの 忘れた…)。メニュー選びで困ったときは、このKipburgerを選べば間違いなし!

 Kipsate(鶏肉サテ)

もともとインドネシアがオランダの植民地だった関係で、インドネシア料理はオランダ内でかなり浸透している。フランスなどは 日本食でも何でもない普通のカフェやレストランに行って「アジアン・テイスト」なものを選ぶことは困難だが、オランダではどこに いってもインドネシア料理から発展したアジアン・テイストなメニューを頼むことができて、アジア人としてはうれしい限り。…で。 このKipsateは、オランダちっくなインドネシア料理の決定版!どこにいっても必ず出会うメジャーな料理。でも味は…アジアンちっく なのか?と考えてみると、ちょっとビミョーかも…(苦笑)。いったいどんなものなのか?というと、日本風にいえばいわゆる「焼き鳥」。 あるいは「串焼き」。つまり鶏肉が串刺しされた料理。必ずまったりとソースがかかっていて、そのソースは「ピーナッツ味」のソース(ピンダ・ソースといいます)。 これが好きかどうか、、、によってこのサテが好きかどうか?の判断は分かれるところ。ちなみに私は、、、うーん。コロッケのほうが 好みかな〜…(苦笑)。

 Loempia(春巻き)

これまたオランダちっくインドネシア料理の決定版、その2!といった感じで、スナック・スタンドにも必ずあるスタンダードなもの。 日本風にいうといわゆる春巻き。春巻きの中には、野菜やお肉が入っていて、日本の春巻きとはちょっと違う感じかも。お値段は 春巻き一つで1ユーロ-2ユーロだが、これが3ユーロくらいの春巻きの場合、(日本人の感覚からすると)信じられないくらい巨大なお化け 春巻きが出てくる場合があるので、ちょっと要注意。アジア系のレストランでLoempiaを頼むと、大抵小さい春巻きが3−4個出てくるのが 普通。

 kaassouffle(チーズ・コロッケ)

チーズ・コロッケ、と敢えて訳してみた。が、揚げ物の中身がチーズ、というワケで、コロッケという概念はない。チーズがトロッと 溶けて美味しい。カフェなどどこにでもある、、、というわけではないがスナックバーなどにある。

 bamischijf(焼そばコロッケ)

焼そばコロッケ、と敢えて訳してみた。かなり苦しい訳のような気もするが…(苦笑)。Bami(バミ)とは、インドネシア料理の定番 付け合せの麺料理で、インドネシア風焼そば、といったところか(麺は焼そば、というよりむしろうどんのように太く平べったいのだが)。 さて。このBamischijf。ちょっとスパイシーな衣で揚げられていて、中にはBamiがたんまりと詰まっている。このお味が…かなり、、、 いや、絶対癖になる美味さ。会社のランチオーダーで、いつも頼んでいて同僚に笑われた。そして、新しく入ってきた日本人に これを紹介したら、その人もクセになっていつも頼んでいた(笑)!ラーメンや焼そばが好きな普通の日本人なら絶対好きになる味 だと思う…。是非試してみてください。

 Nasischijf(チャーハン・コロッケ)

チャーハン・コロッケ、と敢えて訳してみた。Nasi(ナシ)とは、これまたインドネシア料理の定番 付け合せのチャーハンで、中華チャーハンにかなり近い。このNasischijfはこのチャーハンが入った揚げ物。こちらもお米が好きな 普通の日本人なら絶対好きになる身近なお味です。



 パン系

これもオランダでは、とてもスタンダードな、、、どこにでもあるメニュー。どこにでもあるから、半分面白くない、、、と 思うときもあるくらい。パンはいくつかの種類があり、大抵はパンの種類でメニューの分類がされているので、まずパンの種類を知ることが 先決。中身は大抵チーズ、ローストビーフ、ハム、、、と似たり寄ったり。

 Pistolets(パンの種類 - 硬いフランスパン系)

Pistoletsと書いてあったら、それは硬いフランスパンのようなパンを意味する。

 (Zachte) Broodjes(パンの種類 - 普通のやわらかい食パン)

Broodjesと書いてあったら、それは食パンを意味する。

 Ciabatta(パンの種類 - オリーブオイルの香り漂うイタリア系の硬いパン)

Ciabatta(シアバッタ)と書いてあったら、それはオリーブオイルの味&香りがするとても硬いパンを意味する。イタリア系のパン なのだろうか。

 Kaas(チーズ)

パンの中身がチーズだ、ということ。たとえばCiabatta Kaasと書いてあれば、上記のイタリア系のパンにチーズが挟まっていると 解読できる。

 Warm Vlees(温かいお肉)

パンの中身が温かいお肉だ、ということ。通常Cold Mealと呼ばれるハムやチーズなどに比べて値段が高く、たくさんのお肉が詰まった (乗った)パンが出てくるので、かなりお腹一杯になるメニュー。

 Gezond(ベジタリアン)

野菜好きの日本人にとって、是非とも覚えておきたいメニュー。野菜が足りないなあ〜、と思ったら、このメニューを頼むといいのだ。 Gezondとは「健康」を意味し、ずばりベジタリアンな野菜が挟まったパンである。通常は普通のメニューよりも若干高めで、 大きいパンにきゅうりやトマト、玉葱やチーズなど、たくさんの野菜が挟まっていて、美味しい。私があちこちで頼むメニューの一つ。 ヘゾンド、といえば、通じる。

 Zalm(鮭)

通常スモークサーモンが挟まったパン。サーモン好きの私はつい大きな鮭を想像して頼んでしまうのだが、場所によってはサーモンが ちょちょっと乗ってるだけ、なのに、お値段も高かったりするので、がっかりする場合もあり…。 最近は、ここなら大丈夫、という行きつけのカフェでしか頼まないような…。



 卵料理系

卵料理は、Uitsmijtersという料理がオランダでは定番。オムレツもメニューによくある。

 Uitsmijters(パンと卵とハムとチーズ)

日本語に訳そう…と思ったのだが、難しいのでパンと卵とハムとチーズ、、、になってしまった。。。通常食パンの上に、 ハムとチーズと卵が乗っかっている素朴&ダイナミックな料理。乳製品が美味しい国、オランダではこのミックス料理はかなりイケる。 ただし場所によっては、パン3枚、卵3個、と巨大なお皿に乗ってくる場合があり、いったいどこの誰がこんなに 一挙に卵を食べるのか、、、と、カルチャーショックに陥ることもあり(苦笑)。昔、ドイツ人も私にこの料理を作ってくれたことが あるので、ドイツにもあるのだと思う。

 Omeletten(オムレツ)

オムレツ。フランスから来たのだろうか。カフェによっては高い割りに大したことない、自分が作ったほうがよっぽど美味しい、 というイメージがあるためか?私自身は頼んだことがない(苦笑)。





Copyright (C) そらのおらんだ通信
All Rights Reserved.
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO