レストラン&カフェ情報

そらが訪ねた(主に)ロッテルダムのレストラン&カフェを少しずつUPしていきます。
HOMEオランダ観光レストラン&カフェプチホテル・B&Bふぁいる旅-ヨーロッパBBSPROFILECONTACTLINK
ミシュランスター
ロッテルダム・エリア
デルフト
デンハーグ
ライデン
ゴーダ
ドルトレヒト
ユトレヒト
エンクハウゼン
ハーレム
ゲント・ベルギー
アントワープ・ベルギー



  デルフトのレストラン 

デルフトにはたくさんのレストランがあり、町を散策していて気に入ったところに入れば良いでしょう。 ただし、人気のあるレストランは夏のシーズンなど予約で埋まってしまう場合もあるので、どうしてもココ! というお目当てのレストランがある場合は予約しておくのが無難。

 Lunch Cafe Vrij (ランチ・カフェ・フレイ)- カフェ

Brabantse Turfmarkt 61 2611 CM Delft
Tel: (0152) 123 695

最近デルフトで人気のカフェ。メニューも普通のカフェとは 一味違って、モロッコ・ポルトガルなどインターナショナルな メニューを取り入れている。バイオ製品を積極的に取り入れていて、 単なるトスティ(ホットサンド)やパンもとても美味しい。

モロッコスープがとても美味しかった。

小さい店内はいつも満席

 Spijshuis De Dis (スパイスハウス・デ・ディス)- オランダ料理

Beestenmarkt 36 Delft
Tel: +31(0)15 2131782
Fax: +31(0)15 2157746

気軽に楽しめるオランダ料理のレストラン。マルクトの近くの広場の一角に位置する。メインを頼むと サラダ、パン、ポテトなどがたくさんついてくるのでオーダーのし過ぎにはご注意を。水曜定休。

 Kleywegs Stadskoffyhuis (スタッドコーヒーハウス)- カフェ

Oude Delft 133 Delft
Tel: +31(0)15 2124625
Fax: +31(0)15 2124625

プリンセンホフ博物館のすぐそばの旧デルフト通りに位置するカフェ。いつ覗いても込んでいて、おいしいに ちがいない!と思っていたが、やっぱりおいしいカフェでした。コーヒーも何種類ものコーヒーがあり、 ケーキも凝っていて美味しい。何と言ってもお勧めはパンで、ここの手作りパンはオランダ一美味しい パンに選ばれている。日曜休業

目の前は旧教会


 Le Vieux Jean (レ・ビュージーン)- フランス料理

Heilige Geestkerkhof 3 Delft
Tel: +31(0)15 2130433
Fax: +31(0)15 2146720

旧教会(Oude Kerk)のすぐ目の前のフランス料理店。おしゃれなお店でマダムがとてもいい雰囲気で もてなしてくれ、とても贅沢な気分で料理を味わうことができる。料理もとても美味しい。特別な日に 利用したいレストラン。日曜、月曜休業。



  ロッテルダムのレストラン 

ロッテルダムはオランダ内において他の都市と比べて格段に大きな都市なので、 町にはレストランやカフェが溢れており、どこでも困ることはない。なお、出かける目的が「美味しいものを 食べる」という場合は、前もって下調べをして、予約をしてから出かけたほうが 美味しいものを食べられるチャンスが高い。

  Warisan, Taste of Siam - (タイ料理)  

Westerkade 20, Scheepvaartkwartier, Rotterdam
TEL:+31-(0)10 - 436 05 17

ロッテルダム中心街のちょっと西側、マース川沿いの高級住宅・オフィス街にあるタイレストラン。Dewi Sriというロッテルダムでは古い歴史を持つインドネシア店が出店したタイ料理店。お店はこじんまりとして広くはないが、モダン・おしゃれな空間でとってもステキ。私が行ったときは二人の従業員(アジア系の男の子がとっても可愛い♪)がテキパキ働いていて気持ちが良かった。味はスパイシーマークのついているものを選んだが、激辛ということはなく程よい甘辛さで美味しかった。

  Asian Glories(東方之珠)- (中華料理)  

Leeuwenstraat 15-17, 3011 AL Rotterdam
TEL:+31-(0)10-4117107

これまたオランダ人に絶大なる人気を誇る中華料理店。値段が他の中華レストランより高めのせいか?それともオランダスタイルのサービスのせいか?ここには中国人のお客さんがほとんど訪れることがなく、ほぼオランダ人のお客さんで占められています。優雅にレストランでの中華料理を楽しみたい!という人にお勧め。四川料理が専門なのか?四川料理の料理が多い。お昼は(夜も、だけど)飲茶を楽しめます。V&Dの裏手にあって、ちょっとした隠れ家的レストラン。

 Four Seasons(四季軒)- (中華・フュージョン料理)  

Noordmolenwerf 171, 3011 DC Rotterdam
TEL:+31-(0)10-4144099

オランダ人に絶大なる人気を誇る中華フュージョン料理店。オランダの中華料理店は中国人のための料理、という意味合いが強く、値段は安いが雰囲気・装飾は二の次、というところが多いが、ここは西洋と東洋がミックスしたおしゃれな空間。働いている中国人もきびきび行動そして笑顔で接待と素晴らしい!ここの名物は北京ダック。特に有名なのが北京ダックのコアントロー&オレンジソース。 たしかに美味しかった。たくさん食べたい方は北京ダックコースもあります。

(レストランFour Seasonsに関する過去の「そらのひとりごと」は→Four Seasonsをクリック)

 Old Dutch (オールド・ダッチ)- フランス料理  

Rochussenstraat 20
Tel: +31(0)10 436 0344

ロッテルダムセントラムのちょうどはずれに位置する(高級)一軒屋レストラン(ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館のすぐそば)。お昼も夜も結構な値段がするので、敷居は高いけれど、ここの雰囲気は日本ではなかなか得られないような何ともいえない優雅なヨーロピアンな雰囲気があって それを感じながらフレンチを楽しむのも悪くない。 一品は結構多いので、日本人だったらメイン(&デザート)でちょうどいいかも。 味はまあまあ。とにかく雰囲気を楽しむのにちょうどいい。そんな感じ。ビジネスでもよく使われるレストラン。私たちが出かけたときは 二人で100ユーロくらいだった。

 Quinnie (クィニー)- イート・カフェ(オランダ料理)  

Karel Doormanstraat 290
Tel: +31(0)10 433 2582

ロッテルダムの中心街Schouwburgplein広場(映画館、ホールなどがある駅近くの広場)に面した気軽に入れるイートカフェ。 昼間はカフェとしてOPENしており、コーヒーやケーキなどで一息つける。夜は典型的なオランダ料理を提供しており、メニューに 載っている魚料理、肉料理のほか、かなりの季節料理メニューもぺたぺたと壁に貼ってあるのでぐるっと見渡してみよう(問題はオランダ語で貼ってある、ということなのだが。。。通常メニューは英語もあり。)地元の人に 人気があるようで、とても混んでいた。料理の種類も多いし、味付けもイートカフェとしてはかなりの合格点がつけられると思う。 メインが13ユーロくらい(メインを食べたらお腹いっぱいになるので、それ以上は頼まなくてもいいかも。。。)。食後の コーヒーを頼んだら、オリボーレン(オランダの揚げドーナツ)が出てきたので、本当にお腹いっぱいになった。 デザートの種類もかなり豊富だったので、頼みたかったのだが。。。次回に頑張ってみることにしよう!

 In Den Rustwat (イン・デン・ルストバット)- フランス料理

Honingerdijk 96, Rotterdam
Tel: +31(0)10 413 4110

ロッテルダムの市内からちょっと外れたところにある一軒家フレンチレストラン。 建物は1597年築のものを移築しており、かわいらしいかやぶき屋根と白い壁が 目印。家の前には美しいイングリッシュガーデンもあり、夏の間は昼間に 訪れても楽しそう。また建物内には1700年頃のデルフトタイルも壁に埋め込まれていて こちらも一見の価値あり。優雅な一日、記念日、せっかくのオランダ訪問記念に。。。 いろんなアニバーサリーとして利用できるレストラン。料理のほうは、 上品なフレンチ。ちょっぴしアジアの影響を受けた?四角いお皿や、 中国語が書かれたお皿なども出てくる。私が食べた鱸はほどよい 味付けで美味だった。デザートのチョコレートケーキはずっしり濃厚で涙。。。 一人50ユーロくらい。行き方はトラム1番で、ほぼ終点まで(すみません、不正確な情報で。)

 Kantjil & De Tijger (カンタイル & デ・タイガー)- インドネシア料理  - ロッテルダムは閉鎖(アムステルダム店あり)-

Haringvliet 76, Rotterdam
Tel: +31(0)10 213 1760

旧ロッテルダム港のレストラン街が並ぶロマンチックなところに位置するインドネシア・レストラン。 クラシックな建物にモダン・オリエンタルの内装は日本人にならきっと誰にでも受け入れられる洗練されたおしゃれな空間。 従業員はキビキビと働き、見ていて気持がいいほど。料理は中華料理とタイ料理がミックスしたような 味で、中身がたくさん詰まった春巻きや、野菜タップリのサラダなど美味しいアジアン・フードがずらり。 ここの看板はライス・テーブルで10品目以上がずらーっとテーブルに並ぶ。値段もこれで一人20-25ユーロくらい とお得感タップリ。モダンアジアを堪能しよう♪アムステルダム店もある。(英語のメニューはないかもしれない…のが少し辛い。)

(レストランKantjil & De Tijgerに関する過去の「そらのひとりごと」は→KANTJIL & DE TIJGERをクリック)

 Gauwigheid (ハウウィッグヘイド)- フランス料理 

's-Gravelandseweg 622 Schiedam
Tel: +31(0)10 2732200
Fax: +31(0)10 2732800

ロッテルダム市内ではなくロッテルダムの西スキーダムに位置するレストラン。場所ははっきりいって 悪く、ここをたまたま通りかかるということはあり得ないのではないだろうか?レストランは大きな道路 に面しており、これまた感じのいい雰囲気、とはいいがたい。・・・それでも、レストラン内に入り、 ワインを飲みながら前菜を食べれば、そんなことは全て帳消し!になること間違いなし。 ここでは魚コースを食べたけれど、現在までのところ私にとってはオランダベスト1の味である。 最後のデザートケーキ盛り合わせ5種も贅沢であった。値段もさほど高くなくお勧め。

 De Bruin (デ・ブルイン)- カフェ  - 閉鎖

Meent 71a Rotterdam
Tel: +31(0)10 4047022

ロッテルダム市内にあるこのカフェは、よくありがちのオランダカフェとは違ってとっても美味しい 料理を美しい盛り付けで出してくれる。料理が美味しいということを知っているリピーターが多いのか、 夕方5時前のカフェタイムよりもそれ以降のほうが食事をする人で溢れていた。前菜・魚料理・肉料理とも (カフェとしては)かなり豊富なメニューを持っていて、値段も手ごろ。料理と一緒について来る サイドディッシュのポテトは特に美味しかった。手作りティラミスもお勧め。

 Het Kasteel van Rhoon (キャスティール・ファン・ローン)- フランス料理 

Dorpsdijk 63, Rhoon
Tel: +31(0)10 5018896

ロッテルダムの南西、Rhoon地区にある有名なお城レストラン。とっても楽しみにいったのだが・・・。 優雅なオランダ人たちが優雅に食事を楽しんでいて、高級感は溢れている。しかし、私たちの期待が 大きすぎたのか、レストランの部屋が小さく平凡な白い壁であったこと、テーブルセット、 使われているソルト&ペッパーなどがモダンだったこと、など不満は大きかった。 これだけのお金を払えばもっと他のレストランが見つかるのでは・・・?と。 (もしかするとその日は結婚式のため、別の部屋を使用した可能性はあるのだが・・・。) 一方、庭は素晴らしく、天気の良い夏の日に、木漏れ日の中で美味しいフランス料理を食べるのは いいかもしれない。料理は工夫されていてさすが、という感じ。

 Kip (キップ)- フランス料理 

Van Vollenhovenstraat 25, Rotterdam
Tel: +31(0)10 436 9923

素朴なテーブル、磨かれた古い床・・・決して豪華ではないけれども、アットホームな雰囲気一杯のお店である。 従業員がキビキビと働いていて、見ていて気持がいいほど。出てきたお料理も見た目も綺麗、味も良し、で 大満足であった。しょうゆを使ったマグロのカルパッチョなど、ここのシェフは色々勉強してるんだろうなあ、 と思わせる料理内容。もう一度行きたいなあ、と思わせる素敵なレストラン。

けっこうすごいボリューム?


(レストランKIPに関する過去の「そらのひとりごと」は→昨日(バレンタイン)のできごとをクリック)

 Le Pecheur (レ・ペッシャー)- フランス料理 

Nieuw Haven 97, Schiedam
Tel: +31(0)10 473 3341

これまたロッテルダムの西のスキーダムにあるフランス料理店。場所ははっきりいって悪く、地下鉄からも 結構歩く。本当にこんなところにフランス料理店があるんだろうか・・・?と不安に思い始める頃、 ようやく到着するのだが、外から見るとなんとなく入る勇気がなくなるようなそっけないドア。 ところが中に入って見ると、まったく別の世界が広がるのである。暖かなこの雰囲気は、日本の 新しい建物ではなかなか作りだすことができないであろう・・・と思えるヨーロピアンムード感タップリ。 従業員の態度からも高級感を出そうとしているのがよく分かる。料理は、私が食べたものはまあまあ、 といったところであったが、この雰囲気の素晴らしさはどこにも負けないNo.1である。値段は平均よりちょっと高め。 夏はガーデンもOPENするようなので、その時期に再訪したい。

 Da Giuseppe  (ダ・ジュゼッペ)- イタリア料理  - 閉鎖

Herenplaats 93, Rotterdam
Tel: 010 414 7705

日本人の大好きなイタリアンは、オランダではあまり人気がないのか?絶対数が少ない、と思う。 ロッテルダムでもいい評価をされているイタリア料理店はそう多くない。その中にあって、この レストラン(名前が難しい・・・)は、なかなか美味しく手ごろな値段でイタリアンを楽しめるお店である。 オランダではスパゲッティはやわらかめに茹でるのがほとんどで、ここも例外ではない。アルデンテが 好きな私にとってはちょっと物足りないところなのだが、次回堅めに・・・と頼んでみようかと思っている。 ここで食べたサーモンはものすごく美味しかったのでお勧め。パンナコッタも美味しい。

 Pssst Amigo  (プスート・アミーゴ)- メキシコ料理 

Stadhuisplein 17, Rotterdam
Tel: +31(0)10 413 8180

賑やかな市庁舎前の広場通りにあるメキシコ料理。個人的にメキシコ料理が大好きなので、結構良く行くお店である。 イメージはメキシコ料理のファミレス、といった感じで、家族連れなどでいつも賑わっている。料理は TEX−MEXで、どれを選んでもハズレはない。 メイン料理だけで充分お腹一杯(というかいつもすべて食べられたためしがない)になり、値段もかなり お得である。唯一ここの問題はサービスで、お店が一杯になると、注文を取りに来ない問題が 良く発生するようである(何度か注文が来ず弱りきったお客を見かけた。私たちも同じ問題が発生)。 お店が混まないうちにパッと行ってパッと帰るのが賢い方法かもしれない。



  デンハーグのレストラン 

観光都市なのであちこちにカフェ・レストランがあります。中心街を抜けると中華街やインターナショナル料理が楽しめるのもデンハーグならでは。

 Achterrommetje (アハターロムチェ)- カフェ

Achterom 71 Den Haag
Telefoon: 070 - 364 58 76. E-mail: info@achterommetje.nl

通りを一本入った狭い路地にある人気カフェ。地図と住所を確かめていかないと絶対見つからないって感じ。なのにいつも満席状態…の大人気店です。 すべて手作りで、今風のおしゃれなカフェです。お友達とおしゃべりしたい時などお薦め。

雑誌に出てきそうなオシャレさ





  ライデンのレストラン 

ライデンの街はデルフトに比べると大きく、レストランもあちこちに広がってますが、見つけるのに困難というわけではありません。 駅の近くには比較的レストランが多く集まっています。

 Bagels & Beans (ベーグルス&ビーンズ)- カフェ

Maarsmansteeg 8 Leiden Tel: Fax:

V&Dデパートの隣に建つカフェ。気軽に入れる明るい雰囲気で、ベーグルはたくさんの種類から選ぶことができる。 また、すべて持ち帰りも可能。美味しい生ジュースやデザートもあり、ゆっくり本を読んだり、おしゃべりしたいときに 便利。

 Brasserie de Engelenbak (ブラッセリー・デ・エンゲレンバック)- カフェ・レストラン

Lange Mare 38, 2312 GR Leiden
Tel: 071 512 54 40 Fax:

教会のたもとにあるカフェ・レストラン。変化が激しい業界で20年近くここに立っています。ご飯を食べたり、ゆっくりコーヒーを飲んだり…。 11時半から24時まで、いつでも空いている(日曜日は休業)のがうれしい。

素朴な雰囲気の中、のんびりと



  ゴーダのレストラン 

かわいらしい市庁舎の周りを中心にレストランが立ち並んでいる。ゴーダの町は少しくねくねとしているので、 少し奥まったところにもぽつんとレストランが立っていたりして…お気に入りの探しがいのある町だ。

 Mallemolen (マレモーレン)- オランダ(イタリア・フレンチ) 

Oost Haven 72 Gouda
Tel: +31(0)182 515430

久しぶりに大々ヒットのレストラン。うれしさのあまり、満点の★もつけてしまいました。ゴーダのマルクトを抜け、旧市街のはずれの風車(Molen)の横にあるレストラン。レストランガイドによるとオランダ・フレンチレストランということで出かけてみたのだが、かなりイタリアンの影響を受けているメニューが多く、フレンチという感じではしなかった。前菜で頼んだクリーミーなパスタは手打ちパスタで、アルデンテの湯で加減、ソースともに大満足。こんなに美味しいパスタはオランダではもちろん、日本でもめったにお目にかかれない、という美味しさ。メインに頼んだ魚も野菜が多く乗っていて、美味しかった。だんなさんが食べていたお肉はとても柔らかそうで、私も妊婦でなかったら絶対に頼んでいた一品かも。デザートの、ソルベの盛り合わせもイタリアンジェラードを彷彿させる濃厚な手作りフルーツソルベでとても美味。値段も月替わりメニューならば3皿で27.50ユーロ、個別に頼んでも3皿で35ユーロ前後でとてもお得。絶対お勧めできます!!

この隣は風車。

ビストロ風の小さな店内。

絶品のパスタ。向こう
側はカルパッチョ。


 La Cubanita (ラ・キュバニタ)- スペイン&カリブ料理

Jeruzalemstraat 2 Gouda
Tel: +31-(0)182-670 714
Fax:

静かな日曜日の晩にここに寄ったのに、ここだけは熱気ムンムン!料理と音楽で相当盛り上がっていた!!! 料理は巷で流行っている(?)TAPASレストラン。TAPASレストラン、というのは、小さなお皿を何皿も頼んでみんなでつまむ、という 、そう、日本の居酒屋のようなレストランのこと。いろんな種類の料理をあれこれ食べられるというのはうれしい限り。 しかも一品の値段もお手ごろ!!このLa Cubanitaはスペインとカリブ料理のミックス、ということだが、どちらも行った事ない 私にとっては、正統派料理かどうかは判断しかねる…。(唯一行ったラテン系メキシコの料理とは全然違う感じだし。) が、しかし、そんなことは気にせず気にせず…ここの美味しい料理を堪能しましょう!どれを食べても美味しー。ひたすら食べましょうー! お勧めのサーディンのオイル焼きはまるごと2尾出てきたけれど、新鮮でとってもGOOD!久々に魚の形をした魚を堪能しちゃいました。 お店の雰囲気は、抜群のラテン音楽とお手製の(ちょっぴし汚い)内装。まさに居酒屋、てところ ですな。



  ドルトレヒトのレストラン 

数は多くないが、街も小さく、旧市街のあちこちにカフェやレストランがあり、気軽に一休みができる。

 Knollen & Citroenen (クノレン&シトロネン)- オランダ料理

Groenmarkt 8 Dordrecht
Tel: +31-(0)78-614 0500
Fax:

おばあちゃんのレシピを提供するオランダ料理のお店。1681年の建物を利用したレストランは小さく
アットホームな 雰囲気。また、陽気な店員が楽しい時間を提供してくれる。前菜とメインを頼むと2品の間にはソルベが付き、 メインと一緒にサラダ、ポテト、野菜料理などのサイドディッシュもでてくるので、オーダーのし過ぎには ご注意を!お魚もお肉もなかなか美味しくいただきました。土曜日に訪れたが、7時以降は満席だったので、 予約が望ましい。火曜日休業。



  ユトレヒトのレストラン 

旧市街を流れる運河沿いにレストランが並んでいる。道から運河を見下ろし、よさそうなお店を 見つけたら看板の出ている階段を下りていく、という仕組み。通行路沿いの建物からは レストランにはたどり着けないので注意。夏は運河沿いにテーブルがずらーっと並び、たまに通る ボートを眺めながら食事をするのも楽しい。

 Ahanakorn (アハナコーン)- タイ料理

Oudegracht 140 a/d werf Utrecht
Tel: +31(0)30 2333545
Fax: +31(0)30 2364454

タイ料理のレストラン。運河沿いの階段を下りたところに位置するのですが、運河を見下ろしながら歩けば Thaisと大きな看板が出ているので見つけやすい。タイ人もオランダ人も皆気軽に訪れていて、 とても良い雰囲気。私達はメニュー1というコース料理(2名から受付)を頼んだのですが、 ココナッツチキンスープ、3種類のスターター、メインは2種類で牛肉赤カレーと甘辛ソースのチキン&野菜、 色々入った野菜、そしてライチのアイスクリームと盛りだくさんで一人23ユーロととてもお得でした。 しかもどれも美味しく、大満足できること保証つきです。コース料理は全部で4種類で魚コースや ベジタリアンコースなどを選ぶことができます。もちろんたくさんのメニューの中から ご自分の好きな料理を選んで頼むことも可能です。英語メニュー付きで便利。



  エンクハウゼンのレストラン 

ヨットハーバー沿いに、おしゃれなカフェやレストランが並んでいる他、 町に一本通るショッピングストリート沿いにも何件かステキなレストランがある。

 Die Drie Haringhe (ディ・デュリー・ハーリングヘ)- フランス料理

Dijk 28, Enkhuizen
Tel: +31(0)228 318610
Fax: +31(0)228 321135


Die Drie Haringhe


1620年に建てられたV.O.C.の建物を使ったフランスレストラン。 外の景色は行きかうヨットで、開放感が漂う。 フランス料理・伝統的な建物…といっても、そんなに堅苦しくない雰囲気で、 たくさんのツーリスト達でにぎわっている。港町らしく、魚料理が豊富。 エンクハウゼンはParling(うなぎ)で有名なところだそう。一度、 オランダ版うなぎに挑戦してみてはいかが?

こちらはメインのタラ


  ハーレムのレストラン 

古い街並みと美しいマルクトと教会。古くから発展した町は今も昔につながるような美しい風景をそのまま 残しており、ゆっくり街歩きをしたいところ。

 Hartig & Zoet (ハーティッヒ & ズット)- ランチ・カフェ

Grote Houtstraat 170, Haarlem

ショッピングストリートのはずれに位置するランチ・カフェ。パンもケーキもすべて手作り。 見た目は普通で素朴なサンドイッチも、食べてみるとパンがとても美味しく、他の(単なるその辺にある) ランチルームと違うなぁ、と感じる。

見た目は普通のパンだけど…

 Flamboyant (フラムボイアント)- インドネシア料理

Kleine Houtstraat 3 (zwart) 2011 DD Haarlem
Tel: +31(0)23 5421503


新旧のレストランの入れ替わりが激しい中で、このレストランは開店18周年を迎える老舗・インドネシアレストランである。 このインドネシアレストランは、本当のインドネシア料理に比べるとずいぶんとマイルドな味付けで、どちらかと言うと 日本人好みの味付けになっている。初めてここで食べたのは、日本からオランダに夏休みに遊びに行ったときで、 ずいぶん自分の好みの味だったので、驚いた記憶がある。お値段もまあまあ、気軽に入りたいレストランの一つ。



  ベルギー・ゲントのレストラン 

さすが食のベルギー。たくさんのレストランがあちこちに散らばってます。そして・・・美味しい。値段も まあまあ。グルメな人でも絶対満足できるレストランが転がってます・・・。私の勘では、町の中心ど真ん中よりも 路地裏などに入ったところのほうが絶対光ってる、と見た。。。(ガイドブックにもそう書いてありました。。。)

 Restaurant Valentijn (バレンタイン)- フランス料理

Rodekoningstraat 1, Patershol Gent
Tel: +32(0)9 225 04295
Fax: same as telephone number

ガイドブックによるとレストランはPatershol地区が一番、とのことである。確かに。。。この辺りには 魅力的なレストランが路地裏などにあって、どこに入ろうかうろうろ迷いに迷ってしまった。 6時頃からうろうろして、このレストランがなかなか良い感じ、と思ったのだが、まだOPENしてなかった。 結局OPENまで粘って入ったのだが、粘って良かった・・・。心からそう思えるほど良かったです。

レストランは女将さん(?)一人で切り盛りしていて、キビキビ動く姿は見ていて気持いい。 30ユーロのコース料理が一番お得で、結局私たちも周りの客も皆それを選んでいたように思う (前菜、魚、肉、デザートの4皿)。きっと女将さんのだんなさんがシェフで一人で料理しているんじゃ ないだろうか・・・?と思えるほど、お皿が出てくるスピードは遅いけれど、雰囲気の良いレストランで おしゃべりしながら待つのは全然苦ではない。

家庭的な雰囲気バレンタイン


お魚もお肉も絶妙のソースで文句なし、だった。オランダで訪れるレストランではしょっちゅう、何かが 足りない・・・と思ったりするのだが、ここはまさにパーフェクト。私が「美味しい!」と満足できる 完璧の味が出てきた。特にお魚、美味しかったなあ・・・。最後のクリーム・ブリュレも絶品で、 ここで食べて以来、我ら二人はクリーム・ブリュレ狂いである(笑)。

  ベルギー・アントワープのレストラン 

アントワープ中央駅前の大通り沿いと大聖堂付近の旧市街を中心にたくさんのレストランがある。 観光シーズンの夕食時はけっこうどこも混んでいるので、早めの来店、または予約が望ましい。

 Del Rey Tea Room (デルレイ)- カフェ

Appelmansstraat 5, Antwerp
Tel: +32 (0)3 470 28 61
Fax: +32 (0)3 232 51 09

チョコレートが好きで、アントワープを訪れたのならば是非訪れたいカフェ。ちょっと上品なそのカフェは観光客や上品なマダムで いつも大賑わい。ランチはどこか別で食べたのならばせめてコーヒーを。プラリネ付きのコーヒー、アイスクリーム付きのコーヒー などが選べる。見た目にもとても美しいケーキも隣のお店で選んで食べることができる。ランチはちょっとお値段が高め だが、私が食べたキッシュもとても美味しかった。この日はキッシュとコーヒーを頼んでしまい、普段では考えられない ランチのお値段!しかし、優雅なマダムになった気分で格別な時間を過ごせた、て感じ。

小さいけれど、おなかが
膨らむキッシュ。






Copyright (C) そらのおらんだ通信
All Rights Reserved.
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO