ヨーロッパ紀行 - ベルギー・ブリュッセル

オランダ近隣国ベルギー・ブリュッセルのクリスマスマーケットの旅模様をお届けします。
HOMEオランダ観光レストラン&カフェプチホテル・B&Bふぁいる旅-ヨーロッパPROFILECONTACTLINK

 ベルギー - ブリュッセル日帰り旅行(2003年12月)

 Christmas Market 2003

週末は念願のベルギーのクリスマスマーケットに出かけてきました。昨年はドイツのケルンに行き、 今年はベルギーのブリュッセル。なんだかあったり前のように日帰りで隣国に出かけられるのも ヨーロッパの良さ、といったところでしょうかねえ。

とはいえ、オランダ国内の住んでいる場所によっても、 どちらを訪れるほうがラクか?近いか?という点は違ってきます。南西にあるロッテルダムは断然 ベルギーのほうが近いし、北東・南東に住む人々にとっては断然ドイツのほうが近いのです。 というわけで、今回のほうが私たちにとってはラクチンな旅でした。

ロッテルダムからインターナショナル 列車(タリスではなく普通列車)に乗って、ブリュッセル中央駅まで一直線! 時間は2時間弱かな?東京から箱根にいくようなモンです(?!)。こーんな近いのに、ベルギーを 訪れるのは実は3回目。ブリュッセルは1年以上ぶり、だったのでした。

グランプラスのデコレーション1部


中央駅から少し歩くと、すぐにマーケットが開いていて、いきなりやる気満々に。何があるのかな、 どんな一日が待っているのかな?とほんとウキウキ。旅行って楽しいよねえ。 それがショッピングの旅だとなおさら。1年前と全然変わってないのもヨーロッパのいいところ。 あー、また戻ってきたなあ・・・って。東京じゃどんどん変わっちゃって、あれあれ?だもんね。

一年ぶりのグランプラスとの再会!前回はすっごーく感動!だったんだけど。・・・あれ? こんな小さかったっけ?真ん中にクリスマスツリーが立ってるからかな?しかも、タウンホールは 青いライトがチカチカ全体を覆っていて、宇宙ステーションのよう・・・。うーむ。正直なところ、 このクリスマスデコレーションはイマイチだったなあ。ツリーも赤いライトがチカチカだし・・・。 もっとオーソドックスの白いライトでいて欲しかった。

まあ昼間のイメージと夜のイメージは違うであろうから、と気を取り直し、そこから証券取引所に向かう。 この辺りにはレースショップや、チョコレートショップが連なり、歩いていて本当に楽しくなる通りなの。 お店を覗き覗き、プラプラ歩くとお腹が空いてきた。証券取引所の前のクリスマスマーケットには 何件かの食べ物マーケットもあり、買おう!食べよう!とはりきる私。大きな鍋でマッシュルームと ジャガイモなどを混ぜた料理が美味しそうに見えたので、それを食べた。ローズマリー がすっごく聞いていて美味しい。風邪にも良さそう。これって、ベルギー料理なんだろうか? 今度、真似して作ってみよっかな?

夜のグランプラスはこんな感じ


さて、お腹も膨れて大満足じゃ(笑)。ブリュッセルのマーケットは年々大きくなるようで、 ほんの数年前まではこんな大々的ではなかったようだ。グランパレスから証券取引所、カトリーヌ教会、 その裏手のフィッシュマーケットまで、シャレー風のマーケットが連なり、フィッシュマーケットでは スケートもできるのだが、今年はそれに観覧車も加わった。きっと来年以降もどんどん 大きくなっていくんだろう、と思う。

ベルギーはさすがにグルメの国で、これらマーケットのお店も食べ物屋がかなりを占めたような気がする。 飴やチョコレート、ワッフル、ジャムなどのほか、ドイツで有名なグリュワイン(甘いホットワイン) も多かったなあ。というわけで、買ったものも、飴とチョコレートなど食べ物中心になっちゃった。 (ドイツのミニドールと小さなトナカイ靴下は買ったけどね。)



一応全部見て周り、証券取引所の前のグランカフェで一休み。天井や壁の装飾が綺麗で、リッチな カフェ〜、って感じね。店員さんもとってもキビキビしてて気持いいし。私はそこで、 お魚のスープを飲んだんだけど、お魚ってフランス語でポワソンなの?だんなが「彼女には ポワゾンスープを」といったら、かわいいお兄ちゃんがマジな顔して「それは毒入りスープ?」 なんて言うからおかしくなっちゃったよ。「この女性には毒入りスープを」って、シャレにならない っちゅうねん!本当に毒入りスープが出てこなくって良かった(苦笑)。紅茶もレモンかミルクか選べて 日本みたいだなあ、と感動しちゃった。

ギャラリーでは天使が舞っていました


その後は雨がひどくなったので、ギャラリーサンテベールに 行ってショッピング。ベルギーORブリュッセルといえば、チョコレート。このギャラリーにも ノイハウスやゴディバなどのチョコレートショップが並んでいる。 前回初めてブリュッセルを訪れたとき、洗練されたかわいらしいチョコレートショップが連なって 「ああ、素敵ぃ・・・」とため息が出てしまったのだった。もちろん、グランドプレスも町並みも素敵ぃ・・・ なのだけれどね。食い気だけじゃなくね(笑)。

それにしても、ベルギーではクリスマスにはチョコレートを 贈る、という習慣でもあるんだろうか?どこの店もえらく混んでいる!オランダにも支店がある レオニダス(グランドプレス脇のお店)なんて、人垣ができちゃってお店がまったく見えなかったなあ。 ゴディバは中は覗かなかったけれど、ノイハウスはかなり大きな店舗にもかかわらず、 お店の中はチョコレートを購入する人の長い列が・・・。す、すごいなあ。

中に入って様子を見ると、 すっごくかわいいクリスマスパッケージのチョコレートが山のように売られていて ・・・ああ・・・かわいぃ・・・とここでもため息があふれてしまったのでした。こりゃ、クリスマスプレゼントと して送りたくもなるわい!といったところ。

フィッシュマーケットに
並ぶマーケット


クリスマスCDやチョコレートを買って、ゴディバ兼ハーゲンダッツの喫茶店を覗くと、 美味しそうなケーキがあったので、ついつい食べちゃったよ。ケーキを見るなり、お店に突進 しちゃったのってずいぶん久しぶりだなあ。ああ、しあわせ・・・。濃厚なチョコレートケーキだった。 もうお腹がパンパン!これ以上は食べられないよ。。。

そうこうしているうちに、 夕方になり暗くなってきたので、夜のクリスマスライトを見に再びグランプレスから先ほどの 道を繰り返すことにする。おお〜。やっぱり夜のライトではとっても素敵なマルクトに 変身してたよ。チカチカするのもちと気になってはいたが。マーケットもかわいらしくライトで 飾られ、とっても綺麗。カメラ、カメラ〜、とカメラを取り出しては写真をバシバシ 撮りまくってしまった。

一番気に入ったのは、フィッシュマーケットのスケートリンクと観覧車、そしてマーケットのライトかな。 とっても華やかでクリスマスの雰囲気が充分だったよ。雨で暖かかったので、スケートリングは 氷というより水溜りみたいだったけど、たくさんの人たちがスケートに挑戦し、転んでびしょびしょに 濡れながらも楽しんでいるのを見るのは本当に飽きなかった。

スケートをする人々


帰りには、グリュワインをググっと飲んだけど、あれ不思議。今回は全然酔わなかったよ。 去年のケルンは何だったんだ?たぶんお腹のチョコレートにコーティングされたんじゃないかな っと思うんだけど、そんなハズないかなあ?最後にだんながキャンドルを購入して、もう買うものはないね! とお互い納得してから中央駅に向かう。

帰りの2時間の道のりはちと辛いけど、乗り換えもないし、 ぼーっと座っているだけなので、まあまあ。今日はアントワープでもクリスマスマーケットが開かれて いたせいもあって、たくさんの観光客がアントワープから乗り込んできた。こうしてクリスマスマーケット を楽しんだオランダ人乗客を乗っけて、列車は国境を越えてオランダに戻ったのであった。


 2010年ブリュッセル・クリスマスマーケットの様子はこちらから → ブリュッセル・クリスマスマーケット2010(ブログ)

 ブリュッセルのお薦め(穴場) 〜 ガイドはこちらから → ブリュッセル・ガイド



 お薦めのコンテンツ


とっておきのヨーロッパ - アントワープ

最新モードのオシャレな街

プチホテル・B&Bふぁいる

ヨーロッパ各地のお勧めプチホテル、B&Bを少しずつご紹介中

オランダ観光案内

オランダ旅行の方はこちらをご参照ください


Copyright (C) そらのおらんだ通信
All Rights Reserved.




SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO